スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽かな彼女」8話をもう一度見直してみた・・・

一番最初に
夢でいじめっ子のりさちゃんが
クラスメイトに水をかけられて
イジメられてる夢を見てる。
「服を脱げ。」みたいなことを言われてる。



参考

「魂の殺人 親は子供に何をしたのか」 新曜社

 著 A・ミラー
 訳 山下公子
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 分析中によく起こることなのですが、
父親による性的誘惑の思い出
意識に上ろうとする寸前で、

父親よりは
もう少し関係の遠い人物

誘惑者であったとする偽記憶が語られる
こともあります。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

どうなのかなぁ・・・・
難しいなぁ・・・


『家政婦のミタ』さんの時の方が判りやすかったかな・・・
『家政婦のミタ』さんは不自然なほど父親が美化されていた
けど、
自分の意識を持たないで命令だけをこなすっていう風に
人間を洗脳するには
多分、生後2年ぐらいまでにうまくやらなきゃダメなんだよねぇ・・・
(闇教育にそう書いてあるしぃ・・・)


参考

「魂の殺人 親は子供に何をしたのか」 新曜社

 著 A・ミラー
 訳 山下公子
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

自分の意思を持とうとするのは
まったく自然なこと
で、

したがって

生後二年の間に
うまくやってしまわなければ、

その後からでは
とても目的を達することはできない。

この生後すぐの期間は、
力や強制を自由に使える

と言う点でも
大変都合のよい時期なのである。

子どもたちは
成長するに従い
自分が赤ん坊だったころにあったことを
みな忘れてしまう。


であるから
その時期に
子どもから意思を奪ってしまえば、

その子どもは
その後
自分に意思があったことなど
決して思い出さない
し、

その際
手厳しいやり方をしても
決して後に悪影響を残したりはしない。
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



弟の命令を嫌だって言えたとも思えないから
多分に、『家政婦のミタ』さんの過去は
後々作られた偽ものだと思う。



どんなに殴られても
抵抗しない『家政婦のミタ』さんが
ドラマ中で一度だけ
どこぞのビデオの一シーンみたいに
背後から肩を掴まれた時だけ
投げ飛ばす
んだよねぇ・・・


「魂の殺人 親は子供に何をしたのか」 
新曜社

 著 A・ミラー
 訳 山下公子
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 信じがたいほど父に殴打されても、
逆らうことなくそれを忍んでいたその
同じ子ども
が、

立場が変わると
「あの畜生」が手を出した途端、
「爆発」してしまった
わけです。


これと同じような例は
精神分析でも良く見られます。

・・・・・・・・

その症状は、
非常に早い時期に受けた
父親
ないし
家族中の他の男子による
性的乱暴の証拠
なのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ウートラマン

Author:ウートラマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。